すみれです。前に文章構成が英語は日本語とは違うから覚えにくいって話をしましたけど、じゃあどうやって覚えるかというとこればっかりは耳で聞いて覚えるしかありません。

英単語を覚えるのは単語帳をとにかく電車内でずっと見て、文章や英語に慣れるには生の英語を聞くしかないです。机に向かって英文を必死に書いて覚えようとしてもたとえ覚えられてもしゃべることはできません。

もししゃべろうと思ったら何回も同じ英文を実際聞いて覚えていくしかないんですね。文章構成がどうでって考えるより自然に出てくるようにするんです。

私たちが日本語を普段から使う時にいちいち文章の構成を考えて話さないのと同じです。自然に英語が出てくればいいんです。例えば洋画の吹き替えを無くして意味がわからなくてもひたすらに英語のセリフだけを聞くとか、それ用の教材を買ってみるとかですね。

耳が英語に慣れれば単語ごとに聴こえるようになるのでそこから意味を考えればいいんです。私が考える外国語の覚え方はこれが一番効率がいいかなって思います。

外でも実践したい場合は洋楽を聴くのもおすすめかなと思います。この場合はリズムで耳に入ってくるのでそれこそ覚えやすいかもしれないですね。

出身は埼玉県熊谷市で大学も埼玉の大学に通ってます。英語ができればいいなぁって簡単で単純な理由から外国語学科がある大学に進みました。

将来は翻訳会社に就職したいなって思ってます。今は何かと得意な事があると就職に強いような時代なので手に職をつけたいです。

英語は日本人が馴染みのある世界共通語ですけど、逆に日本人が覚えにくい言葉なんだそうです。

というのも、日本語は主語、修飾語、述語の順番で文が構成されてるのはわかると思います。この順番は韓国語も同じで日本人は韓国語の方が覚えるのは早いんです。

文の構成が同じ為、言葉として普段話してる順番で話せるからです。

ですが、英語は述語が最初に来ます。その後、述語の為の主語であるとか修飾語がくっついてるんです。言葉としては知っていてもそれを言葉、文章として構成させるのができないのはこのためですね。

なのでわかる単語を見つけてそこから話の糸口をつかむ方法しか取れない人が多いんですよ。私も勉強しようと思うまでは英語が苦手でした。

それこそ単語でしか理解できず、文章にできなかったんです。ただ、英語ができれば大体の国で言葉に躓くことはなくなるし、武器にすることができます。

だからこそ苦手な分野にあえて行こうと考えました。